08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

\アッカリ~ン/はーい!プレメモ、はっじまっるよー

みなさん初めまして、kyoと申します。このブログでは、プレメモに関する話題(大会レポ・考察等)を不定期で更新していこうと思います。よろしくお願いします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

事故 

久しぶりにプレメモやったよ(挨拶

前回プレイしたのはけいおん!4弾が発売した当日。
だいぶ間が相手しましたが、自分は生きてます(何

さて、今回は思考を変えてお送りしたいと思います。
テーマはタイトルにもありますように『事故』。

マミさんいっぱいのティロ・フィナーレコントロール(TFコン)を回していた時のこと。
初手にメガほむとサポート仁美が揃ってて磐石と思って始めたはいいものの、3ターンくらいメインにキャラ出せずに5点程貰ってそのまま負け、という試合が何試合かありました。
正確には出せるキャラはありました。が、ポイントのない状態でのポイント回復マミやバウンスほむら等、この状況で展開しても旨みのないカードしかなくそれを出し惜しみしたが為に負けた、とも考えられます。
しかし、実際それを出してどうかなったかと聞かれると、恐らく何も変わらなかった答えると思います。
場に出してもバニラ同然のカードになっちゃうわけですからね、この状況ですと。

プレメモはただでさえ運要素が低く、一発逆転という展開は早々ありません。
攻防の一瞬の隙を付いて勝敗が逆転する、ということは多々ありますが、例えば、相手のボードを更地にするようなカードもなく、展開力の差がそのまま試合の優勢を左右する重要なファクターになっていることは言うまでもありません。

事故ったら負けるのはどのゲームにもあることだと思いますが、運要素が少ないこのゲームにおいてそれが頻繁に起こるというのは、恐らくデッキの作り方や回し方に問題があるのではないかと自分は思います。
事故という言葉で片付けるのではなく、それを見直すことが必要です。

事故の少ないのが強いデッキであって、構築が強さに直結しやすいプレメモではそれが顕著に出てるのかなと。
要は強くなるにはしっかりとしたデッキを組まなければならない(もちろんプレイングも重要ですが)、これに尽きます。

僕はマミさんが沢山入った所謂ファンデッキ的な感じで当初TFコンを作っていました。
それでもある程度は楽しめるのですが、やっぱり好きなキャラ使うからには勝ちたい、勝たせてあげたいなぁという気持ちも当然強く持っているわけです。
なのでもっとこのデッキと向き合う必要があるなーと、今日プレイして感じました。

みなさんはどうでしょうか。
自分の好きなキャラ、組み合わせ等々でデッキ作りたい、色々あると思います。
そのコンセプトは大切ですし、否定する気もありません。
自分の意見はいちプレメモプレイヤーの意見として捉えてくだされば結構です。
なんにせよ、多くの方が自分の世界、価値観をプレメモで表現してもらえれば嬉しいかなーなんて。
偉そうですね、何語ってるんだか。
何はともあれ、もっとプレイヤーさん増えて下さいお願いします(結論
スポンサーサイト

category: 考察

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuiuijustice.blog134.fc2.com/tb.php/132-e1ef5e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。