09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

\アッカリ~ン/はーい!プレメモ、はっじまっるよー

みなさん初めまして、kyoと申します。このブログでは、プレメモに関する話題(大会レポ・考察等)を不定期で更新していこうと思います。よろしくお願いします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

真宵奏コントロールというデッキを考えてみた 

まず初めに、全然完成してないデッキなので参考にしないでくださいね(挨拶

とりあえず原型的なものを残しておこうかなと。
まだプロキシ使ってるカードも多くて何が何やらな感じになってしまうとあれなので。

キャラクター 36

3 SR真宵
3 STスバル
2 STまどか

3 真庭狂犬

3 ST奏
3 サポート戻し小鳥遊
3 プロモ愛理
3 登場時サポート前出し流子
3 桐木リスト

3 ランチタイム阿良々木
1 サポート回収さやか

3 めがほむ
1 強謙桐乃
1 イベント回収撫子
1 南国の店長

イベント 18

3 放課後ティータイム
4 お花見
3 彼女らの見つめる先は
3 うたた寝
2 面白い話をしてあげる
2 お姫様を起こす方法
1 お見舞い

サポート 6

3 ばってん
3 炭酸

使用作品
けいおん!、ひだまり、化物語、刀語、オオカミさん、イカ娘、
俺妹、まどマギ、WORKING!!、Aチャンネル、電波女、まよチキ!、ましろ色

今書いてて気づきましたが、百花とあの花以外現行発売されてるタイトルを全て使ってるんですね。
通りで回らないわけだ(

えーと、デッキの説明ですが……
『SR真宵とST奏にばってん付けて高コスト帯の動き止めながら守りはブレイクで固めてデッキデスまで持っていけば勝てるんじゃね?』
こんな感じです(

SR真宵とST奏、アプローチでは(ほぼ)絶対に退場しない2体を主軸にした低速コントロールです。
上記2体で相手を牽制しながらポイントを与え、妨害した場合は容赦なくサポート送りorバウンス。
サポートの真宵は愛理か流子で呼び戻してボードを整えていきます。
ばってんをつければ妨害できるキャラも限られるので7点与えることもできるのかな?
奏を妨害してきたらスバルが出せたりして非常に美味しいです。

守りは狂犬、リストといったキャラにティータイムを加えたブレイクで対応。
やや運要素が強いですがめがほむがいるので6点貰う間に1~2回くらいは少なくとも何かしら出るかな?
出なかったらそのまま負けます(
うたた寝とか積んでますが実際どの程度抑止になることやら……

その他補助として捨て札除外のSTまどか、ブレイク系再利用のランチ阿良々木、ドローを補ったりコストに切ったカードを回収する小鳥遊やさやか等々。
色を考えつつ入れられそうなものを投入してみました。

しかし、まぁやりたいこと多すぎてどうしようもないですね。
序盤にアタッカー2体が展開されてブレイクがある程度出れば多少粘れるのですが……
実際高速展開するデッキには無茶苦茶弱そうです。
全く環境に即してないですね(

それでも、真宵によるロックデッキは一度作ってみたかったので、何とかならないものかと試行錯誤してるところであります。
その前にプロモ愛理手に入れないとなー(
あれがないとデッキすらできないんですが(

他にも2コスだと青の澪が前出し効果持ってますが色合わないっすねはい。
赤の真宵は3コストだしなぁ、うーん。
デッキデスあやせやらほむら入れられれば検討の余地ありなんですが、どうにもそんな枠はなさそう。

このデッキは如何にぎりぎりのラインで相手の妨害を強要していくかがポイントです。
割とバクステ付くとお手上げかな、奏だと妨害してくれなさそうですし。
良くも悪くも相性が色濃く出そうです。
スポンサーサイト

category: 考察

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuiuijustice.blog134.fc2.com/tb.php/156-130808d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。